« 手紙とホッキョクグマと林檎ちゃん | トップページ | 母さん、仲間達に愛されすぎてる愛すべきバンドLOSTAGEの[生活]のことが忘れられません »

曲が終わるたびに兄の「ありがとう」を聞いた気がした

まだ[生活]のことも書けとらん。でも[生活]のことは絶対にがんばって書きます。
ってこれ、前にも書いたな(笑)
けど、こっちの方が早く書けるから先に書くよ。
192147433 ART-SCHOOL 10th Anniversary tour「Anesthesia」にLOSTAGEがゲストとして呼ばれた浜松 FORCEとゆうハコ。思えば、テナーで窓枠に行くはずやった当日、会社PCのメーラーがぶっ壊れてしもうて、何も仕事ができなくなってしまって・・・さすがに仕事投げ出すわけにはいかなくて泣く泣くあきらめたってゆう苦い思い出がある街で。だから、浜松に行くのも初めてで、当然初ハコ。ライブの前は緊張からよくおなか痛くなるんだけど、初めての街で初めてのハコだもん、いつも以上におなか痛くて困りました(ToT)
LOSTAGEを好きになったばかりの頃にこのライブを知ってどうしても行きたくて394のコミュで譲ってもらったんですけど、公演ギリギリで届いたチケット番号が神やって、だから余計にびびってたのかも知れんな。ひとりやったし。あー、LOSTAGE一緒に観にゆける友達欲しいなあ(笑)
迷いながらも(浜松駅前ようわからん)なんとかFORCEに到着したけど、案の定アウェーな感じは否めず、もじもじしてたら[生活]ティシャツとか#oshare sendai ティシャツの人とか見つけてちょっとだけホッとしました(*´∀`)
良番やったのですぐに番号呼ばれて、お目当てのバンドは?って聞かれて「LOSTAGE!!!」って答えて足早にフロアへ。いつも兄側と決めてますけど、拓人側の端っこの前がギリギリ空いてて最前列を死守(笑)
目の前のステージにセッティングされてるエフェクターボードが見慣れないのがあるなと思ったら、そうや、toddyのや!とか思ったりしながらエフェクターのこととか見てもわからんけど見てました。いっぱいあるなあって思いながら。どれ踏むかわからんようになったりせんのかな?と(笑)
そこによく見ると(ま、最初に目に飛び込んできたけど。笑)LOSTAGEの自転車ステッカーが置いてあった。なんか、じーんとした。ふと、視線をずらすとキノコちゃんのフライイングVがむき出しのまんま立て掛けられていたりなんかして。小バコなので30分で客入れちゃえるのでひとりで待ってるのもまあ辛抱できました。目の前にはみんなの機材が見えてたし。1時間待たされると暇すぎて寂しすぎて耐えられないんだけどね。始まっちゃえば、へっちゃらだけど。

で、ここFORCEはステージに袖がない作りのようで(キノコちゃんはライブ本編終わりで思わず間違えてたけど)まさかの私が立っている真横が袖通路になっていて、え?何?こっからみんな出てくるの?とひとり思わずテンパってしまいました。
客電が落ちていつものSEが鳴り響いて、しばらくしたら岩城せんせ、拓人、おにいちゃんの順番で私の横を通り過ぎてステージに上がっていきました。あまりに近くて、ぎゃーーーーーって思わずフリーズして呆然となってしまいました。東京にはこうゆうハコあんまりないですもんね、たぶん。もちろん、棒立ちです。何も出来ません(苦笑) ヘタすると呼吸もしてなかったかも知れません(#gachiyade)
おにいちゃん、髪短くなってました。先日渋谷O-EASTにて『point presents enjoy?100music FINAL』に急遽出演が決まって、しかも完全招待制ってゆうオシャレイベントがUSTされて、かなりの盛り上がりを見せてましたけど。視聴者が2,000人を越えて、TLが流れるのもすごいスピードでおもしろかったけど、中でもDAWAさんが「五味のジジシャツはGAPです。どうぞよろしく」ってつぶやいたのをきっかけにジジシャツのこと書いてる人めっちゃいましたけど、それを精一杯のおしゃれですみたいなことゆうててなんかめっちゃ好感持てて、おしゃれとかで勝負してないとこがカッコええとゆうか潔いってゆうか、別におしゃれじゃなくてもいいしとか(笑)
ま、この日はジジシャツやないのね!とはやっぱり思っちゃいましたけど(笑) ←DAWAさんのせいやで!

でもあの日のUSTは貴重やったと思います。アーカイブはどうなったんやろう?
「初めて見たけどカッコいい!」とかそうゆうツイートすごく多くてやっぱり嬉しくなったし。おもしろツイートもたくさんあったけど、なんか嬉しくなるコメントが本当に多くてライブ見なきゃいけないのについつい早すぎるTLを見逃さないことに必死でした( *`ω´)
いつもの客層とはまったく違うイベントでのライブもそうだし、なんか盛り上がってるけど何?って思わず見ちゃった人とかもいるだろうし、ものすごい意味のあったUST中継やったなって思います。ライブそのものも。きっと大きい音でびっくりした人もいっぱいいるだろうけど、おしゃれ女子の中の嗅覚鋭い子たちにはきっと引っかかってると思うしね。
自分も最近LOSTAGEを知ったばっかりのくせに何言うてんのってのもあるけど、PCの前でライブ見て気になったとか好きになったとかあると思うし、そっから音源買おうとかライブ行ってみようとかってのに繋がったらすごいことやなって。きっとあの日のUST見た人のなかでそうゆう人たくさんいると思うし。
やっぱり、LOSTAGEはたくさんライブやってくれてるし、いま絶対追い風びゅうびゅう吹いてるし、これからもっと楽しみやなって思います。売れちゃってチケット取れなくなったりはイヤやけど、まあそうなったらそうなったで頑張るまでやし。あれ、何の話やったけな?

この日のライブも[ひとり]から。いつもと一緒やけど、まったく飽きないってのはどうゆうことやろう?
いっつもスリリングでカッコいい。キャーって盛り上がってもいいんだけど、見入っちゃうってゆうか、聴き入っちゃう。釘付けになってる、いつも。曲が終わるとおにいちゃんが穏やかな口調で「ありがとう」ってゆってくれる。これがまた好きです(*´∀`)
思えば、この日は毎曲が終わるたびに「ありがとう」って言ってた気がする。
[断層]のあとにおにいちゃんの最初のあいさつ。
「ありがとう。奈良から来たLOSTAGEと言います。よろしくお願いします。・・・ART-SCHOOLのツアーに誘っていただいてありがとうございます。いつもありがとうございます(笑)」と言いながら、チューニングをしてる。続けて
「何か昨日もライブやったらしく、行った人いる?昨日もえらい盛り上がったみたい。楽屋で話してたんですけど、盛り上がったみたいで。前に浜松に来た時もめっちゃ盛り上がったってゆってたけど・・・(しばしの変な沈黙の中にやにやする兄)だから、今日盛り上がらんかったら俺らのせいやなみたいな感じになってたのね。だから、またART-SCHOOLのツアーにね、僕らが呼ばれるかどうかが今日にかかってるわけです。嘘でもいいから盛り上がってくれよ(笑)よろしくお願いします」みたいなことをおにいちゃん。ウケてた(笑)
そっからの[BARON]盛り上がらんわけないがな。拓人のコーラスが好きや。終わると優しい声で「ありがとう」ってゆってた。[眩暈][カナリア]と続いて私は盛り上がることも忘れてしまうってゆうか、ただただ3人を交互に見てる。たぶん笑ってないと思う(笑)
おにいちゃんのベースも歌も、拓人のギターも、岩城せんせのドラムもホントに大好きすぎて単純に音を聴くことに神経を研ぎすませてしまうんだ。なんか楽しいとか幸せとか、そうゆうのとは違うんだけど。違うんだけど、もちろんカッコいいライブ観えて幸せなんだけど、でも何かな、何かが全身を駆け巡ってザワザワするってゆうか。こうゆうのを痺れるってゆうのかも知れん。カッコええとしか言えんとゆうか、毎回こんなにも生々しいし、ゾクゾクするし。この人達にしかない魅力があるんだよね、演奏にも曲にも歌にも。まだまだハマりそうで怖いもん。危険です(笑)
けど、ひと時演奏を離れるとほんわかしたMCを聞かせてくれる。この時ばかりは笑っとるぞ!イントロがヤバすぎる[カナリア]のあと、おにいちゃんの「ありがとう」からはこんなんやったと思う。
兄「(弟を見て)何かしゃべんの?」
弟「まーだ出て来うへんで(笑)」
兄「知ってる人もいるかも知れないんですけど。Twitterってみんなやってるん?Twitterってゆうヤツあるやないですか。それはどうでもいいんですけど。これ、でも紹介する流れちゃうん?もう1曲あるのに」
弟「早く出せよ、みたいな顔するから、みんな(笑)」
兄「別にしてないやろ!してないやろ!感じる?感じる?それを」
弟「いや!」(←どっちやねん!)
兄「今日みんなええ感じですねえ」兄、爆笑。
弟「なんか聴いてくれてる感じするよね!」弟、ニコニコしとる。
兄「盛り上がってもないけど(笑)別に聴いてない感じでもない」
弟「嫌な感じでもない!」
兄「微妙な距離感やね。わかるんですわ!」
弟「ええ顔してるもんな!」兄、再び爆笑。
兄「でもねえ、なんか聴いてやろうかなってゆう感じで聴いてくれるのは嬉しいですね。こうゆう機会もなかなかないしね。でも最近よく誘ってくれるんですけどね、ART-SCHOOLは。すごい感謝しています。どうもありがとうございます」
弟「もう1曲だけ3人でやらしてもらっていいですか。それ終わったらヤツを呼ぶから!」
兄「経緯を知らん人もおるかも知れんから!」と声を張る(笑)
弟「それ後にしよっか。もう1曲やってからにしよう!」みたいな感じで兄弟でわしゃわしゃしてた(笑) なんか好き(*´∀`*) けど、その一秒後とかに気持ち切り替えられるのがいつも凄いなって思います。
兄「やろうか・・・やろう!」
弟「ここまでは僕ら3人で作った曲なんですよ。で、この後ヤツが出て来るんすけど」
兄「(喰い気味に)全然話違うんやけど(またや!笑。かわいそうな拓人)昨日ART-SCHOOLのライブでお前の髪型のディスがあったみたいやで」
弟「マジで?」
兄「あの木下って人が」
弟「あのキノコみたいなヤツが?」
兄「見たで!木下くんも髪上げたら大変なことになってるからね!見たことないけど(笑)」みたいな(笑)
弟「ま、そうゆうところも含めて僕はあの人のこと好きですけどね」
兄「たぶんみんなも好きやと思うけど、僕らもみんなも好きです(笑)・・・ごめん、話の腰折ってもうた。続けて!」(←無理やろ、そんなの!にいちゃんひどいっていつも思う。笑)
弟「もうゆえへんやん。そんな話されたら」 すると、あたたかいお客さんから「聞きたい!」とゆう声がちらほら(泣)
兄「聞きたい?ええ顔してるもんな!(←言いたいだけやろ。笑)3人で作った曲なんですよ、ここまではね。で、次はヤツがヤツって戸高くんね。この後、一緒にやってもらうんですけど。4人で作った曲を昔から戸高くんが好きやって言ってくれてて。僕やりたいですってこないだ奈良まで来てくれててスタジオ一緒に入って、いいヤツなんですわ。じゃ、あともう1曲だけ3人で作った曲をやらしてください」と拓人がきれいに締めました。なんか気付いてもうたけど[夜に月]の前にはいつも拓人がええ感じやな(*´∀`*)
[夜に月]の終わりはいっつもなんか寂しくなるのはなんでやろうか。ラストに岩城せんせも立ち上がってドラム叩いてたりするのがなんか終わりを予感させてしまうからやろうか。今日の岩城せんせも髪振り乱してアグレッシブでめっちゃカッコ良かった。ホントに上手いな、岩城さん。ACOちゃんのライブもいつか行ってみたいねん。

[夜に月]の後、いよいよなわけで私は置いといてフロアはなんかそわそわしてた気がちょっとした(笑)
兄「ありがとう。どうもありがとう。さっきも言ってましたけど、前は4人でやってたんですけど前の前のアルバムの曲を戸高くんと一緒にやってみようかと思います。あれ?・・・toddy?」
ここでみんな大好きtoddyの静かな登場(笑)
なんかおしゃれやね、やっぱり(笑) ジャストサイズのシャツの襟を立ててるんやが嫌味じゃない感じがおしゃれ上級者やな。チェックのスリッポンがかわゆかった。私も欲しいな、チェッカーもう卒業や(゚ε゚ ) 好きやけど。ぷっ
LOSTAGEに気を遣ってくれてるのか、客も思ってたほどキャーとはなってなかった気がするな(笑) 私はおにいちゃんがtoddyを呼んだ時の声がはにかんでてかわゆかったので、そっちばっかり気になってたけど(*´∀`)
兄「しゃべる?普段もあんまりしゃべってへんよな?ARTのとき」
ト「最近少し・・・」
兄「一年ぶりくらいかな?緊張しますね」
ト「何かしゃべった方がいい?」
兄「一応、何かさ!」
ト「こんばんわー」(さすが、これだけで絵になるのね!)
「すごい男前やから、戸高くんがね。イラッとすんねん!(笑)」
「はずかしくなるよな!」(やけに明るい拓人!かわいい拓ちゃん)
兄「そう。俺、自分のことあんま嫌いになるよね。何かね、あるやん、そうゆうの」
ト「話そうと思ったこと全部忘れた!」兄、笑うとる。
ト「確か岡山か、岡山で何年か前にART-SCHOOLのツアーで・・・」
兄「そん時はまだ僕ら4人やった」
ト「まだ初代のギター・・・そん時に音でかっと思って・・・それからもずっと好きなバンドなんです。●●ツアーをlostageと一緒にまわって、たくさん迷惑かけて・・・何かツッコんでくれたりしないの?」(●●はよくわからない。)
兄「続けてください!」(イラッとしてるだけあって、鬼やで!ウソ)
兄「なんで3人でやってなかったかと言うと、4人でやるために作った曲やったんですよね。だから、3人でやれる曲もあったんですけど何か物足りない感じとゆうか、なんか不完全な感じがしててやってなかったんやけど。やっぱ音楽・・・曲とか作って来て、昔の曲でも今の曲でもそうですけど色あせずに残って行くものがあると思うんですけど、自分たちの作った曲を同じように好きでいてくれてそれを一緒にやりましょうって言ってくれてそれは嬉しかったし」
ト「それです!それ」
兄「ええこと言うたやろ?真面目な話、そう思うんです、僕は。ART-SCHOOLの音楽もそうやし、僕らの音楽もそうゆうつもりで作ってるし、なんかお客さんともそれを共有したいなと思うし、今日は聴いてくれてどうもありがとうございました」
ト「このツアーで俺、むっちゃ緊張してる」
兄「イヤ、めっちゃいい感じやったからスタジオで。やろうぜ、やろう。心配しないでやろう!」
ト「歯は痛いわ、足はつってるわ」
兄「(toddyの発言は完全スルー)やっぱね、いいギター弾いてましたよ!・・・ありがとうございました。楽しんで帰ってください」

何が演奏されるのかドキドキしてたんだけど、[こどもたち]のイントロが鳴った瞬間にキャーってなって泣きそうになってしまったです。私は何度もゆうけど最近LOSTAGEを知って好きになって今早く追いつきたくて(どうしたいのか自分でもよくわからん)いっぱいライブに行ってるとこで、3人のLOSTAGEしか知らなくて、4人のlostageは知らないんです。だから今の彼らが好きだし、4人時代を懐かしむこともない。けど、toddyが入ったことで生まれた化学反応ってゆうか曲がまた生き生きしてる気がしたし、とにかくステージ上のみんなが楽しそうやった。toddyは緊張してるってゆうてるけど、ギター持ったらそんなの吹き飛んでたし。カッコ良かったです。うちに帰るのを待てずに最終の新幹線の中でフォローもしました(笑) アイコンがかわいいだけじゃなかったぜ!
曲が終わるとおにいちゃんが
「ありがとう。いい感じでしょ?」と。すごい大きな拍手でみんなが応える。
弟「さすがやな!」
兄「みんなあっちばっかり見てんねん!ま、ええけど、今日は(笑) もう1曲あるんですけど、今日はそれが最後の曲になります」
ト「さっきまでめっちゃ冷たかったやん」
兄「いやいやいや、そんなことない!飴と鞭や。どうもありがとうございました。戸高くんもありがとうございました」
最後の曲を待ってる数秒感が長く感じた。イントロが鳴った時、4人の音が重なった瞬間また泣きそうになってしまった。大好きな大好きな曲[SURRENDER]。まだまだ短かすぎるLOSTAGEの思い出だけど、初めてライブで聴いたのはシゲさんと一緒の#oshare Tokyoのアコースティックで、その後はおにいちゃんソロの#oshare Sendaiを思い出してた。アコギ1本でもハマる名曲。めっちゃ素敵で、どっちも泣いてしまったんだ。だからこそ、これをバンドでもライブで聴きたい!!! と切望していたのもあって、本当に嬉しかったし感動しました。toddy、ありがとう。LOSTAGEを、彼らの曲を好きでいてくれて・・・。
終わって欲しくなかったけど素敵な時間はあっとゆう間に終わってしまった。おにいちゃんが「どうもありがとうございました」と言って、貴重なライブは終わった。
曲が終わった瞬間に、toddyが拓人に右手を差し出してがっちり握手してた。拓人も嬉しそうやった。その後、岩城せんせがフラフラと前に出て来て、どちらからともなく笑顔で握手してた。おにいちゃんとtoddyもきっと握手してたと思うけど、転換の幕のせいで見えんかった。見えなかったけど見えた気がしたし、容易に想像できた。なんか素敵やったです。音楽っていいなって思ったし、仲間っていいなって思いました。
幸せの余韻に浸る間もなくすぐに撤収をしなくちゃいけなくて、しばらくしてまた私の横をみんなが通りすぎて袖へと消えてった。おにいちゃんが通る時には棒立ちで小さく拍手することしかできなかった。だって、大好きすぎてはずかしいんやもの(´ε` )

ART-SCHOOLのことも書きたいけど、今日はここまで(゚ε゚ )
ただ、ひとつだけ。LOSTAGEを呼んでくれてありがとう!!!!
最終の新幹線に間に合わなそうで、最前列からのアンコール2曲が終わったとこでの途中離脱はすごく残念でした。初めて見たART-SCHOOLは楽しかったから。なのに、そこを兄弟に見られて(たような気がして)途中で帰ってるってゆう罪悪感でものすごく後ろめたくて逃げるように帰ってしまったのだけが心残りです(ToT)
キノコちゃんたちのことももっと勉強します(汗)

2010.11.13 @ 浜松 FORCE set list

01. ひとり
02. 断層
03. BARON
04. 眩暈
05. 夜に月
06. こどもたち[with toddy/ART-SCHOOL]
07. SURRENDER[with toddy/ART-SCHOOL]
192238357

|

« 手紙とホッキョクグマと林檎ちゃん | トップページ | 母さん、仲間達に愛されすぎてる愛すべきバンドLOSTAGEの[生活]のことが忘れられません »

LOSTAGE」カテゴリの記事