« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

結局兄は弟とドラムが大好きなんだとわかった仙台

101002_175901 ちょっと迷っていた、#oshare in Sendai。
でも行ってきました、やっぱし。負けた、ライブを観たいって気持ちに(笑)
インストアってことで演奏時間もめっちゃ短いかも知れんしとか、仙台に行ったら逢う親友にも今回は芋煮会があるからってフラれて(泣)正直どうしようかな?って思ったりもしたけど、思い切って#oshare in Sendaiの言い出しっぺってゆうか、企画者とゆうか、この人がいたから実現したと言って間違いない首謀者の今井さんにリプライを飛ばすとこから始まる。こうゆうのすごい恥ずかしがりなのですごく苦手なんだけど、思い切って演奏時間はどれくらいを予定されてるか聞いてみたんだ。そしたら想像通りにいい人ですぐに返信をくださって、その時点で「行かな!行こう!」って気持ちは速攻固まりました!!!
仙台限定のテーシャツが欲しいとかそうゆうんじゃなくて(←そりゃ欲しいけど。笑。買ったし!)単純におにいちゃんのソロを観たかった。スペシャダイナーの#oshare オープニングパーチーの時はまだLOSTAGEに出逢って間もなくてCDも全部揃えかけてるとこくらいやったと思う。そんなんやったのに、口ロロのシゲさんとのアコースチックは本当にすごく素敵で感動して初めて聴いた曲でうっすら泣いてしまうって感じやったけど、今度は違う。もう知らん曲もない。この状況で改めて、早くアコースチックライブを観たかったってのがすごくあったんです。
タワーレコード仙台パルコ店の翌日はKEN YOKOYAMA DEAD AT BAY AREAで兄弟揃ってのアコースチックやった。本当に観たいのは、そりゃこっちやけど、さすがに神戸は行かれへん。特に日曜が遠方でライブあるとくじける。せめて土曜やったら・・・って思ってしまうことって結構ある。けど、あきらめるしかないことも人生にはあるよなとかふと思ってる自分に気付いて、なんか笑えた(*´∀`) 
けど、学生の頃とか毎月〆切が何度もやってくる仕事やってた時は今よりもあきらめてたかも。でも今より大人なわけがないので、泣いたりふてくされたりしとったけど。

で、行くと決めれば仙台なんて何度も行ったことある街やし(ただし、駅前と荒吐会場のみ)いつものように新幹線に乗ってゆきます。着いた途端にドキドキする小心者は相変わらずで、緊張からおなかも痛くなりました(*_*) ←いい加減、この体質治って欲しいぜ
とりあえず薬入れのパンダちゃんを忘れて来たため(酔い止めも忘れて東京駅で買うた)薬局探して買ってポイントカードくれたけど溜まる気がせんなと思いつつ、パルコの前で薬飲んで(トホホ)いざ、タワーレコードへ!
あ、その前にパルコの下で誰かを待っている様子の今井さんらしき人を見つけて(五味アイコン便利!)さりげなく前まわって名札見たら「今井」って書いてて、寂しくなくなりました!テナーのライブに遠征して、ライブ前にトミーとか見かけた時と似ています(*´∀`)

101009_185501 で、いよいよ、タワーレコードへ!
まずステージを横目で確認しておにいちゃん手書きの「#oshare in Sendai」の看板探したり、アイコンのみなさんのCD特設棚探したり、展示物探したり忙しかった!!!
で、最初にダワさん見つけた(゜∀゜) 忙しそうなのか、暇そうなのかよくわからんかったけど、CD見てたっぽい(笑)→のちに、似顔絵のフレームの下に名前を手貼りしてたりで慌ただしくしてたっけ。おつかれさまです!!!
シンペイちゃんの近くにガガ様もいたな。
渋谷の最終日に駆けつけてくれたシンペイちゃんのサインも拝めて、少し気持ちが落ち着いたりする。不思議(*´∀`)
あと、TOSHI-LOWとか新しいアイコンもいっぱい増えてましたね。
で、テーシャツよりもむしろこっちが欲しかったので、CDいっぱい欲しかったけど案外持ってるCDが多くて焦りました。しかも、結構すでに売れてたしね。嬉しいけど複雑ですやんか。新規開拓ってのもあったけど、迷って結局3枚買ったけど(買い忘れてたのもあったりして。汗)もうちょっと買ってもよかったかなーとか思ったりしてます。
あと、2日間で終了みたいなのでお近くの方はぜひに!!!
似顔絵もそうやけど、音楽もそう。素敵な出会いがあるといいなと思います。

101002_161201 で、みんなシャイボーイ&シャイガールなのかステージのそばには近寄れず何となく遠巻きにおにいちゃんを待っていたのですが、サウンドチェックでアコギを持っておにいちゃんが出てくるとみんなが一斉に前に動いたんですけど・・・
あまりにも近いため恥ずかしがって固まっていたら(ぼやぼやしていたら)気付いたら結構後ろになってて。
あ、ここじゃと見えんかもー、仙台まで来たのにそれはあかんやろーって思って、ちょっとだけ前に移動。おにいちゃんの正面の3列目くらいにおったけど、あまりの明るさ&近さではずかしさMAXでした。一人やし。あ、そうや、誰か友達とかおったらまだ気がまぎれるとこやけど、恥ずかしいとゆう感情しかなかったからな。
そんなこっちの気持ちを知ってか知らずかわかるはずもないけど、ちゃっちゃっとマイクチェックとかしてギター弾いて「海の果実」のさわりを歌ってくれるおにいちゃん。やばい、サウンドチェックで泣いたら、いくらなんでも恥ずかしすぎる!!! 耐えねば!!!
そしたら、そのあとまさかのハナレグミ「サヨナラCOLOR 」のサビを惜しげもなく弾き語る兄Σ(゚∇゚;)→(ToT)
これを聴いた瞬間にこれ聴かせてもらっただけでも来た甲斐あったぞと、心の中でぎゅっと拳を握りしめました。
チェックを終えて、おにいちゃんがアコギをまた持って帰ってってしばらくしてからか今井さんがマイクの前に立ってご挨拶と注意事項。「演奏中の五味さんの写真撮影はご遠慮ください。さっき五味さんにその確認してたんですけど、写真撮影されたらぶちキレるってゆってましたんで、どうぞご注意ください!」なんておっしゃってました(笑)
「あともうひとつ五味さんからのリクエストで、ちょっとやはり近いとゆうこともありますので、前の方の方から座っていただけますでしょうか?」
これには、こっちも恥ずかしかったので、逆に助かりました(笑)

で、ステージの前に座って少し待って再び今井さん登場されて、五味さんを呼び込んでくれました。
「いろんな縁があって、インストアライブのために五味さんが奈良から来てくださいました!」みたいな紹介があって、さらにヘルプにかけつけてくれたフルタニさん、コウヤマさん、ダワさんの紹介をしてくれて、「五味さんにご登場いただきます!大きな拍手でお迎えください!」みたいな感じやったかなー
で、拍手に迎えられて照れながらおにいちゃんが登場して、なんかめっちゃ照れて笑ってた気がする(笑)
第一声は「今日はたくさん集まっていただいてありがとうございます」やったかなー
「一人でアコーステッィクのライブをやるのは3回目くらいで、緊張してるんですけど・・・」ってゆうて、ぎっしり集まったお客さんを見回して「めっちゃ見てるやん!」って笑ってたな。
「似顔絵の展示もあってそれに合わせて来たんですけど、歌も歌える、イラストも描ける・・・普段は漫画喫茶でバイトしてるんですけど・・・」みたいなことをゆうと、客から「へえー」みたいな声が上がると「知らんかったん?」とおにいちゃん(笑)
ええ、知りませんでした!まだまだファン歴浅いんで(苦笑)
「奈良の漫画喫茶・・・ま、曲やろっか(笑)」と。
「昨日もね、昨日ってゆうか今日の4時くらいに仙台の駅前で練習ってゆうか酔っぱらった勢いでライブ?やったんですけど、バス停でね。自分の曲やったんですけど、1曲Aメロ終わったくらいで『惜しい!』って言われて、すごい今も引きずってるんですけど、やります!」と笑いを誘うおにいちゃん。そこから、始まったのは大好きな「噂」やった。もう、おにいちゃんのアコギの音と歌だけでもう涙が出そうになってしまって・・・
いつものライブと一緒でゆるゆるしたおしゃべりから一転するあの感じがたまりません(泣)
一瞬にしてみんなを引きずり込む、圧倒的な五味岳久の音楽の世界観と存在感。
切なさいっぱいで気付いたら涙がこぼれてました。店内に響き渡る暖かいアコギの音色と、切なさと力強さと優しさに満ちたまっすぐな五味さんの歌声が響き渡っていました。知らずに店内にいた人も足を止めて思わず聴き入ってたとことでしょう。
「似顔絵をね、そもそも・・・もう一曲やろう(笑)流れがね」とか言ってアコギを鳴らし始める。「海の果実」やった。イントロで手を止めて、セカンドアルバムに入ってるとか曲の説明をしてくれた気がします。もうすでに涙でボロボロで記憶が・・・(ToT) 曲が終わって
「あのー、さっき言おうとしたのは似顔絵の展示なんですけど、飾っていただいてますけど見ていただけましたか?」みたいな。私は頷くことしか出来んかったんやけど、みんなも黙って頷いてたんか返事は特になくて、シーンってしてると
「結構あれやな、みんな・・・社交的じゃない・・・」と笑わせる。
「感じやけど、あとで俺にリプライとか飛ばしてくるんやろ?ライブどうでしたとかって。でも、誰かわからん・・・」と(笑)ついったをいつもチェックしてたから知ってた話だけど、兄は続ける。
「昨日もね、空港で降りて電車乗って仙台来たんですけど、ダワさん、FLAKE RECORDSのダワさんと一緒に来たんですけど、“さっきの電車一緒でした!”って(リプライ飛んで来て)・・・そん時ゆえ!って言ってたんですけど、やっぱこうやって顔が見えて、今日は特に店内も明るくって顔もよく見えるのであれですわ、ちょっと照れますけど、来てよかったなって思います。今日は楽しんで帰ってってください」みたいな。おにいちゃん、ご機嫌でした。
「前に大阪で展示をやって、最初に大阪でやったんですよ。digmeoutART&DINERやったっけ?そこでフルタニさんってゆう人がやろうぜってゆってやったら、すごい人がたくさん来た・・・来たってゆうか、来てくれた。で、調子に乗ってその後東京でもやったんですけど、さらにいっぱいの人が来てくれて。そのタイミングで僕仙台にライブで来てたんです、バンドの。で、タワレコ仙台の今井ってゆう面白い人がいるんですけど、その人が仙台でもやりましょうってゆってくれて・・・タワーレコードとやるってゆうよりは、今井とゆう人が面白がってくれてやることになったんです。で、今井さんとかFLAKEのダワさんとか、フルタニさんとか、東京でやった時のスペシャのコウヤマさんも一緒に来てくれて、感謝しています。ありがとうございます」と感謝の言葉をぽつぽつと語ってくれて、なんかいいなあってあったかい気持ちになってました。その後やったか忘れたけど、唐突におにいちゃん
「なんか僕に聞きたいこととかある?・・・歌、聴きたいですか?・・・似顔絵の描き方とか聞きたい?・・・どうやって描いてるか知ってる?知ってる?」とか客に振って来て、シーンってなってたとこへ、前の方にいた女子が「知りたいです!」と大きな声で答えるとおにいちゃん嬉しそうでした(笑)
そこではてなダイアリーでブログやってて、最近あんまりやってないけど、お絵描きツールってゆうちょっとした落書きとか描けるツールがあるんですけど、そこにマウスで描いてるんです。みたいな説明をしてくれてた!
「マウスで描いてるから、飾ってあるやつは原画やと思ってる人もいるみたいなんですけど、あれはプリントアウトしただけで原画ではないんです。原画はないんです、この世に」ってゆったら、またシーンってなって「原画はないんです!」ってまたゆうた(笑)
「でも絵も描くよ!・・・曲やるわ(笑)」みたいな(*´∀`)
こんな感じですごい終始アットホームな感じで、私も含めて客は社交的じゃないんですけど、それでも五味さん居心地は良さそうやったと思う。ずっと優しい笑顔だったから。歌ってる時は近すぎる客が気になってか目をつぶっているか遠くを見てるか手元を見てるかやったけど。私も恥ずかしくて、手元ばっかり見てました。今思えば、もったいない(笑)

「母乳って曲があるんです、LOSTAGEの曲で。で、前のメンバーが加入した時に作ってね、すごい思い入れもある曲なんですけど、ライブでずっとやってなくて、でも久しぶりにやってみようかなって思って練習してきました。母乳・・・」と言って始まったイントロ。ようやく聴けました、母乳。一生懸命、耳を傾けました。とにかく、目の前のおにいちゃんを見てるのが恥ずかしいので時々店員さんを見たりしてたんですけど、店員さんも仕事を忘れてすごい一生懸命、前のめりになって必死の形相で見てたのが印象的でした。素敵でした。これ、バンドでも観たいです。
曲が終わると静かに「ありがとう」とおにいちゃん。
「出来たと思う。結構うまく行ったと思う」って微笑むおにいちゃんがかわゆかった(*´∀`)
ここでもこの曲が入っているアルバムの話をちょっとしてたと思う。ようわからんタイトルのアルバムやと(笑)←「脳にはビート 眠りには愛を」
「この曲が出来た時に、間違いなく売れる!と思ったわけです。すごいいい曲やと思って・・・ま、そんな売れなかったですね(苦笑) でも、今聴いても、これをやるにあたって聴き直したんですけどいい曲でしたよ。コーラスもね、マスドレのなっちゃんがやってくれてるんですけど、聴いたことある?」って客に聞くも、またシーン(自分も黙って頷いてる口なのでもう何もゆえん。汗)ってなってると
「仙台ってこんなんやったっけ?なんか機械みたいな(苦笑)」と五味兄。笑う客。笑ったり頷いたりは得意なんだけど、照れ屋さんなんよ、そこ察してや(´ε` )
「でも仙台、僕めっちゃ好きなんですよ。最初にライブで来たのもいつ来た忘れたけど、街の感じとか。みんなは見慣れてるかも知れないですけど、なんか大きい木がいっぱいあるけど、あれ何の木やったっけ?」と。
シーン。
うわ、絶対知らんわ、この地元ネタは、完全お手上げやから誰かー、誰かーって心の中で叫んでました。そしたら
「え?知らん?」と兄(゚∇゚;) ヒヤヒヤしてたら、さっき似顔絵の描き方知りたいでっす!って元気に答えてた女子が「MAYBE けやき」と。えらいな、キミ(泣)
「え?MAYBE けやき?たぶん、けやき・・・けやきの感じとか、人の感じとかもね。人の感じって場所で人の感じが決まるのかはわからないですけど、こっちの人は好きですね」と。ちょっと、うらやましかったです、仙台の人たちが。遠征して来た時ちょっとだけ寂しい瞬間やね。岡山の人も好きってゆってくんないかな?(笑)東京に住んでるだけで、気持ちは岡山人なんで。今も東京には馴染めない田舎者ですから、わたし。満員電車も慣れんし、人ごみも慣れんし、ライブと仕事のためにこっちにいるようなもんやからね。なんなら奈良でもいいんやけどね。でも今退職したら、再就職厳しかろうなとは日々切実に思うので無理かな・・・って、何の話やねん(´ε` )

おにいちゃんがいっぱい話をしてくれた中ですごく印象に残ってる言葉があって、全部は覚えてられないのが悔しいんだけどね、こんなことをゆってたと思う。
「僕は人の顔を描いたんですけど、人の顔を描いてるとその人のことを考えたりとか、その人のことを好きになってゆくんですね、男女問わず。結構バンドの人とか音楽やってる人が多いですけど、バンドってまとめて見ることが多いと思うんやけど、バンドの音楽がどうってゆうか。個人がクローズアップされることってあんまりない・・・ってゆうか、熱心に雑誌とか読んだりとかブログとかチェックしたら違うかも知れないけど。180人くらい描いたんですけど、まだこれからも描くけど。今日は音楽の話しますけど、タワーレコードなんで。その人がどうゆう音楽が好きでと考えたし・・・音楽は人が作ってるから、人が見える音楽が僕は好きなんですけど。そうゆう音楽をやりたいと思ってるし。今までも思ってたし、今も思ってて。
一人でやるの苦手なんです。今日一人で来て、こんなに人が集まってくれたことをすごく嬉しく思っています。かかわってくれた人にも感謝してるし・・・なんかそうゆうことを考えてもらえたらいいなあ。その音楽を作った人のこととか、音楽を届けるためにかかわった人のこととか、音楽を聴くときに考えてもらえたらなと思います」みたいな。深かった。
正直わかったようなわからんような気がしなくもないんだけど(理解力までも乏しいのか・・・泣)けど、人なんやとゆうことなんだと思うのです。仙台でやったことも人だし、音楽も人ってゆうか。私はどんなに素敵やなって思う音楽もやってる人に魅力感じないとずーっと長く好きになることはないし、なんかそうゆうことと近くはないかも知れんけど遠くなくはないんじゃないかと思ったりしたんです。結局は人だと・・・いつも思ってます。仕事でも何でも。で、さらにぐっと来たのが、これですね(泣)
「明日ね、神戸でライブなんですけど、KEN YOKOYAMAって人いるじゃないですか?みんな知ってるやん?KEN YOKOYAMAのイベントにね呼んでもらったんですけど、それもアコースティックで明日もライブやるんですよ。明日は弟と一緒にやるけど、弟がいてないとダメです」とおにいちゃん。いつも拓人に厳しいおにいちゃんですが、弟が大好きなんですね。知ってたけど、なんか正直に言われるとなんか嬉しいってゆうかこそばい気がする。拓ちゃんに聞かせてあげたかった!!!
「イマイチ話にオチがつかないんですよ。・・・いい弟やで。ドラムのヤツもね、いいヤツです。おらんから言うけど。今度はバンドで来ますんで、よろしくお願いします」と。
このあと、本番中にもかかわず記念に写真撮ろうってゆって客の写真撮って、その場でツイートしてたりしたっけな。残念ながら写真には写れなかったけど・・・お、惜しい( *`ω´) けど、恥ずかしいんでホッとしてる自分もいました。
つぶやくってゆうのを「ツイる」ってゆってた&やりすぎて僕おかしくなってるっともゆってた(笑)
「電車の中とかで笑いながらやってるわけですよ。こんなことになるなんて思ってないやん?最初似顔絵描いたとき。もう少ししゃべろか?途中でめんどくさくなった時もあったけど、続けてたら何かいいことあるかな?って思ってたら、今こうしてここにいるから良かったです」とかゆってたかな。あとグッズの紹介とか。
「しゃべりすぎたかな?SURRENDERやろうか」ってゆって始まったSURRENDERでまた泣きそうになった。スペシャダイナーで初めて聴いて大好きになって翌日からずーっと何十回も聴き倒してた曲なので私にとってすごく大事な曲なんやけど、A
メロ終わって曲が止まった(゜∀゜)?
歌詞を忘れてしまったらしい、おにいちゃん。ドンマイです。
「前に歌詞を思い出すのにツイッターを使ったんですけど、2番の歌詞を誰か・・・もう一曲やろうかな、SURRENDERあとでやろう」
これ聞いて、逆においしいと思ってしまってごめんなさい!!!
「一回ハマると出て来ないんすよ・・・」と言って、頭を抱える兄の姿をみんなで見守る。しばし、ギターの細い音色だけが聞こえていたけど、始まったのは「ドラマ・ロゴス」。
「誰かSURRENDERの歌詞を思い出しといてください」ってみんなに託して歌い始めた。これも私は初めてライブで聴くことができた。でも正直SURRENDERの2番の歌詞が気になって、演奏に集中出来なかったのは否めない(苦笑)
演奏が終わったら頼りになる男・今井さんがおにいちゃんの元へ走り寄る。
「わかった?」とおにいちゃん。今井さんが差し出したiPhone片手にふんふんと見ながら「これ結構いい歌詞やな」と兄。
そこへ一番前にいた女子が何やらセブンイレブンのレシートをおにいちゃんに差し出してて、どうやら2番の歌詞を書いてたらしくて、今井さんが持っていたのと交互に見比べながら「合ってますねえ。これは覚えてたん?すごい・・・嬉しいです」と。
そして、ファンの人にもらったカンペを「こっちを見ます」と。これは嬉しいやねー(ToT)あたしなら、泣いてしまうわ。それに帰る時にこの紙をちゃんと胸のポケットにしまって持ち帰ったのがまた良かった。うらやましい!!!
「この曲を最後にやって終わります。今日はどうもありがとうございました」と。あー、もー、大好きです(泣) 演奏が終わると
「11日までやってるんでよかったらまた見に来てください。もしかしたら、もう少し増えてるかも知れないから。今も描いてるんで、10人か15人くらいかなも頼まれてるんで。僕何やってるかわからんけど(悶える兄)バンドもね最近曲を作ったり来年アルバムとか出しますんで、絶対出します、まだ何も決まってないけど絶対出します。そしたら、また聴いてください」みたいなことを言って、なかなか鳴り止まない大きな大きな拍手の中惜しまれつつおにいちゃんは去ってゆきました。名残惜しそうにも見えました。

そして、最後はやっぱりこの人のご挨拶、今井さんの登場。
「今回作ってくれたバッジを五味さんが手作りでパッケージもホッチキスまで五味さんがやってくださったと言うことで、他にはない特典だと思っています。我々もたくさん特典を見ていますが、あんなに手の込んだ特典は今まで見たことなかったので従業員一同感動しました」って言葉にキューンってしました。
今井さんが面白がってくれたところから今回の素敵なライブも実現したわけで、本当に感謝しています。
あと、今井さん、似顔絵より素敵でした(笑)とってもいい人で優しそうなオーラがいっぱい出てた。また仙台に寄った時は、遊びにゆきたいと思います。リプライも嬉しかったです。あの「30分程度を予定しております。もしかしたらもう少し長くやって頂けるかもです!」の“もしかしたら”に今井さんももっとホントはやって欲しいと思ってくれてるんやって感じて、嬉しくなりました。今井さんがそう思ってるんやったら、行こうって背中押されました。
今井さん、本当にどうもありがとうございました!!! 本当に行って良かったです!!!
もちろん、おにいちゃんもだし、#oshareに携わってくださったすべての方にありがとうと言いたいです。ホントにホントにしあわせでした(^∀^) すべての人にありがとうです。
次はどこでやるんだろね?(笑)そして、また私は行ってしまうんやろうか?(笑)

2010.10.02 @ タワーレコード 仙台パルコ店

01. 噂
02. 海の果実
03. 母乳
04. SURRENDER(途中まで)
05. ドラマ・ロゴス
06. SURRENDER

101002_162703 101002_175801 101002_175501

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »