« 光と影。それは背中合わせなだけじゃなくて、隣り合っているのかも知れないのかも知れない | トップページ | 忘れられない夢のような夜、新曲とラーメン2cmが飛び出した!!! »

辻くんはいじられキャラなのか、愛されキャラなのか

今日は最後の夏休みいただいとります、なおぱんだです。業務の都合で他のみんなみたいに連休が取れないんですが、私にはこれがちょうどええです(笑) いっぱい休むと働けん身体になりそうなので( *`ω´)
昨日はLOSTAGEにいろんなことが起きてホントにしんどかったです。「接触事故に遭ってしまった」とか「何もかも疲れた」って言葉が辛くて辛くてたまらなかった。こんな時はいつも以上に車の運転だけは気をつけて欲しいと祈ってもいたのに。でも仮眠後に、おにいちゃんが関西3とたわいもないけど実はお互い気遣ってると勝手に感じたついーとを見て、ようやく寝れました。
本当のところすべてに納得して円満に解決したのかなんか我々にはわかりません。けどただのファンのはしくれが蒸し返すわけにもいかないし、そっとしとかんととは思いますが、私は現時点ではまだやっぱり悲しいし悔しいし怒っとります。もし今後取材が出来たとしていい誌面ができたとしても手放しで喜ぶことはできそうにありません。

私は音楽雑誌の編集がやりたくて編集の勉強も少しして、でも音楽誌に絞ってしまうとなかなか就職先もなくて、随分待って今の会社に拾ってもらって編集のそばで仕事をしています。何の話やってのもあるんですけど、だから少なからず向こう側の人たちと同じような畑に身を置いていることもあって余計に悔しかったり悲しかったりなのかも知れないです。こんなことは書きたくなかったけど、しばらくしてそんなこともあったなと笑い飛ばせる日が来ると信じてもいます。今の彼らに吹いてる追い風は絶対やと信じています。
大好きなバンドの一大事なのに、何もできない自分の無力さに気付いた時にさらに悲しみが増した気がしました。ついったとかでリプライとかも恥ずかしいから、PCの前でヤキモキしてるだけしかできん。情けないのは自分か?
結局CD聴いて、ライブ行くことしか出来ないんやなと思ってます。
だから、いっぱい行きたいです。ってゆうのも何か違うか。大好きだから観に行きたいだけか。じゃ、バンドのためには何も出来んのか?そうなんか?いや、楽しみに次のライブを待つってことも、ライブで彼らの音楽に感動することも、全部微力ながら力になれてると思いたい。思うことにしよう。
後悔しないためにいっぱいライブに行こう。ってか、行きたい。いっぱい観たい。
そんなわけで最近忙しいです(笑) でも、毎日楽しいです(^∀^)
やっぱり、ありがとうです。
ちゃんと前向いてくれてて、嬉しいです(泣)

RUSH BALLにはやっぱ行けないかな?って思ってた時、cinema staffのレコ発ツアーでさいたまと水戸に来るのを知って、RUSH BALLをあきらめるためにその足でさいたまのチケットをファミマまで買いに走りました。
でも、やっぱりあきらめられなくて行って来たんだけどね、泉大津も(笑)
本当にラッシュボールが幸せすぎたのでまだまだ興奮冷めやらぬ状態でHEAVEN'S ROCKへ向かうつもりでした。なのに!!!
もう自分らで機材車を運転してるとか、ただでさえ心配しとるのに、まさかの黄色い機材車のエンジン・トラブル(ToT)
あり得んよー(号泣)
おにいちゃんは「死にそうです」ってゆっとるし、拓人は「行けるのか、埼玉」とかゆっとるし、こっちが泣きたくなったわ。←今だからこんなテンションで書けるけど、その時は不安で不安で「大丈夫なんかな?大丈夫かな?」って部屋の中をぐるぐるぐるぐる歩いてました。
で、ついったで続報を待って、ようやくなんとか来てくれるな(泣)って思って支度して、いざさいたま新都心。時雨ちゃんに行ったぶりです。
さいたまなんて近いぜと思ってたんですけどね、心のどっかで油断してたんですかね。埼京線はやったら混んでたので外もあんまり見てなかったんですけど(音は電車じゃいつもシャットアウト)到着時間まで寝るか?とか思ってて、うとうとしてて・・・
「あれ?到着時間すぎてる?あたしの時計3分進んでるんですけど?」
なんか胸がザワザワして、とりあえず飛び降りた駅は西大宮。
どこや、ここは?(泣)

100904_183201 そのあとは電車が20分以上も来ないとか、タクシーいないとか色々あった。北与野駅に着いてもあるはずの目印も見つけられんし、道を尋ねた人はnot地元の方やったりでもう始まる時間を時計は指してたので本気で焦ったけど、なんとかHEAVEN'S ROCKたどり着いてて、向こうでもうLOSTAGEのSEらしいの聴こえてて焦ってんのに受付通り抜け様に「どちらのバンドを・・・」と言われて「LOSTAGE!!!」って走り抜けたぜ( *`ω´)
初めての経験にちょっとえっへんってなった(笑)
で、実は私がギリギリで取ったチケットが意外にもまだそこそこの番号であれ?cinema staffもTHE NOVEMBERSも人気者やのにな?って思ってたんですけど、蓋を開けたら超満員で入り口のとこからほとんど動けない状態で泣きそうになったんだけど、最初にステージ右に拓人が見えたってゆうか拓ちゃんの赤いストラップが見えてまた泣きそうになって(笑)だって、一時はここまでたどり着けないんじゃないかと思ってたのと、奈良から大変なご苦労でここまでやって来てくれたってゆうのと両方でした。本当に来てくれただけで、この日はいいって思えました(泣)
で、左見て、おにいちゃんがおるー(泣)
で、真ん中見て・・・岩城どこや?
(演奏が終わって帰る時に立ち上がった時に、ようやく拝めました。号泣)
ま、そんな始まりで気持ちがグラグラしとりました。拍手と歓声でLOSTAGEを出迎えたかったのに、まさかの出迎えられた。あり得ん。落ち着けるわけなかった。
で、ちょっとでも見たいから前に行きたかったけど、超満員でしかも微動だにしない客達を縫って前にはゆけません。だから、ほぼ最後方にてずっと背い高してました。
足ってゆうか、ひざがだいぶやばかったけど、モッシュがあったりとかではないライブなのでなんとか耐えれました(`・ω・´) シャキーン (←絵文字がかわいいiwkさん風。笑)

いよいよ、cinema staffの「Blue,under the imagination」Release Tour ~想像上の辻~"の始まりです!!!
到着も遅れてたはずだし、この日はトップバッターだと思ってたからちゃんとサウンドチェックから観たかったのにそれが叶わなくてすごく残念だったけど、しょうがない。自分のはやる気持ちが1本前の快速電車に乗ってしまったんやから。今度からはちゃんと気をつけよう(泣)
最初の曲はやっぱりこの曲「ひとり」。
何度でも書くけど、初めてLOSTAGEの音楽を知ったのは最新アルバム一曲目のこの曲。ただならぬ思い入れがあるので嬉しい。でも演奏は緊張からなのか?3人から放たれる狂気のせいなのか?ゾクゾクするほどカッコええ。これを求めてるのか、あたしは。
次は岩城のスネアの音だけが鳴り響く。「断層」。兄の叫ぶような歌が空気を斬るようで、ただただカッコいい。
続けて「BARON」。ラッシュでは聴けなかったのでテンション上がってもうて、嬉しすぎてちょっと泣きそうになる。だって、大好きなんだもの!!! そして、もっと踊りたかった!!!
人のことは気にせず(正しくは人の目は気にせずかな。人に迷惑かけていいとゆうことでは断じてないです)もっと好きに楽しみたいんだけど、新参者なのでまだまだ周りの様子を常にチラチラ気にしながら、静かにリズムを取っているんだけど、ホントはもっとキャーーーってなりたいのが本音。ちょっと身体を揺らすと前の子にイヤな顔されたのはちょっと悲しかったで。
で、一気に畳み掛けるLOSTAGEの次の曲は・・・
おにいちゃんのベースからキタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!
泉大津でサウンドチェックとしてやってくれた(最後までじゃないけど)大好きな「TOBACCO」。わーん(泣)
もう、レポでも何でもないな(苦笑) ま、いつもこんなもんか!
曲が終わって、おにいちゃんがちょっとだけ笑ったような気がした。あの優しい笑顔にホッとする。ここだったか、ぼそっと「ありがとう」と、歌声とは随分ギャップのあるおだやかな声をようやく聞けた。これも大好きや(*´∀`)
今日は昼間の灼熱地獄やエンジントラブルなんか吹き飛ばすような疾走感で駆け抜けてしまうんじゃないか?と思った瞬間に一転して、スローでムーディな「喉」へ。これが来ると思わなかったけど、やっぱり嬉しい。何が来ても嬉しいんだけどね。今は楽しくて仕方ない時期です(笑)
これのあともおにいちゃんの「ありがとう」が聞けて嬉しかった。

そして、お次は「カナリア」。イントロで兄が客の後ろの方を見ながら(どこか醒めてるようにも見えるし、威嚇してるようにも見えなくもない。ミステリアスな色気がある人です。カッコいい。←こればっかりですまんよ)ベース弾いてるのが好きです。もちろん、拓人のカッティングも岩城のドラムも全部カッコええです。
ここでだったか、ようやくMC(泣)
ラッシュでは時間も短くてお話ししてる時間なんかなかったけど、今日は結構時間もらえてこの時点でシネマにありがとうって心の中で思ってました(*´∀`)
「奈良から来ましたLOSTAGEです。今日はcinema staffのツアー・・・ツアー?想像上の辻ですが・・・想像上の辻。・・・辻」とおにいちゃんもお客も静かに笑っとる。
もしかして、今日奈良から来たけど大変やったんですよみたいな話しが聞けるかな?なんて思ってたんだけど、きっと自分らのツアーだったらしたかもだけどひと言もなくクールに進行。めっちゃ心配してたんだから、ひと言くらい欲しかったけど、ええです。ここに書いたんで(爆)
「そうゆうツアータイトルなんですよね?どんな意味なんすかね?さっき楽屋で聞いたんですが、教えてくれないんすよ」と兄また笑う。拓人が
「今日は辻を想像してる人ばっかり集まってるんじゃないですかね!」とゆうて笑う。おにいちゃん、返しに困る(笑)と拓人が
「まあ、辻のことを想像することはあんまりないよな」みたいなことをゆうててみんな笑ってた。実はこのくだりややポカンとしてたんです。ツアータイトルにも登場する「辻」がシネマのギターの辻くんだとはつゆ知らず、勉強不足でたいへん申し訳ないです(—_—)
「(呼んでもらって)光栄です。えー、明日も水戸で、THE NOVEMBERSも一緒にまわりますんで、良かったら来てください。近いと思うし。近いんか?遠いんかな?どうなんやろ?」とおにいちゃん。客も近いとも遠いとも言えん微妙な距離感に黙ってたんだと思うんだけど、ちゃんと反応したかったなー。もうちょっと前やったらなあー。すると、出来る弟が
「ま、想像で!」と笑う。上手いな、拓ちゃんは!!!
おにいちゃんもにっこりで嬉しかったよ(^∀^)
「じゃあ、あとちょっとやって行きます。LOSTAGEでした」

こっからまたステージに集中や!
背い高してて足痛いけどもうちょっとしか観られんし、気合いが入る。それに、おにいちゃんの「良かったら来てください」が頭の中でループを始めてて、どうしようかと思ったよ!!!
JCBでホリエに「フジロックとか来てください!」って言われた瞬間に「フジロック行くーーー!!!」ってなってもうたパターンのヤツや。もうおにいちゃんからそんなこと言われて行かんわけないやん!!! 「はよチケット買いに行かんとー」ってそんなこと思ってたら「夜に月」のイントロが!!!
今日は拓人のコーラスを観る余裕があった気がする。拓ちゃんはやっぱりカッコいいギタリストのイメージの方が強いのでコーラスしてる印象が薄かったみたい。ってか、まだまともにライブ観るのたったの3本目だし、何もゆえん。ただただ、カッコええ。それだけや。
ラストは「手紙」だった。「夜に月」のあと、おにいちゃんが拓人に近付いてなんか言うてるようでした。何だったんだろう?もしかしたら曲変えて来たのかも知れんな。わかんないけど。とにかく圧巻のラスト。新しい曲メインのセットリストに敢えて「手紙」。
イントロが鳴って歓声が上がる。モッシュが起きたり拳が挙ったりするわけじゃないんだけど、明らかに客の熱が上がっているのを肌で感じた。HEAVEN'S ROCKを揺らす剥き出しの轟音でぶちかますロックが小気味よかった。短いながらもラッシュに比べたら遥かにたくさんやってくれて(シネマありがとう)本当に嬉しかったです!!!
こんなんで頭から煙り出てもうてるんで、ノベンバもシネマも書けんけど(そもそもお恥ずかしながら勉強不足)ごめん。
でも、本当にありがとう!!! 楽しかったぜ( *`ω´)

09.04 @ 埼玉 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3

01. ひとり
02. 断層
03. BARON
04. TOBACCO
05. 喉
06. カナリア
07. 夜に月
08. 手紙

で、うちに着いて着替えもごはんもあとまわしで明日の水戸のチケット速攻取ろうと思ったんだけど、前日だと受付期間終了となってしまうんですね。知らんかった。
当日券出るかライトハウスにも電話して、明日にならないとわからないってゆわれて、たぶん出ると思うんですけどみたいな。
たぶんじゃ、行かれへんねん(ToT)そこまで身近なハコではないってことはやっぱ遠いんかなー
結局当日券が出るってわかった時間がほんのちょっと遅かったので泣く泣くあきらめました。でも、またすぐ東京に来てくれます(^∀^)
次はライブビートの公開ライブが当たったので(泣)行ってくる!!!
avengers in sci-fiプレゼンツもあるし、うち、がんばるよ!!!

|

« 光と影。それは背中合わせなだけじゃなくて、隣り合っているのかも知れないのかも知れない | トップページ | 忘れられない夢のような夜、新曲とラーメン2cmが飛び出した!!! »

LOSTAGE」カテゴリの記事