« 「怪物たちの行進の旅」がいよいよ始まりました!!!! | トップページ | CREATURESがでました。NEXUS,LINEARもでてます。 »

「怪物たちの行進の旅」2日目にして大いに化ける

100407_164801 仕事の大波をなんとか潜り抜けて「怪物たちの行進の旅」大山純の地元・高崎の陣。
行かんわけにはいかんとですというわけで、こいつに乗って行きました(*´∀`)
が、実は幸先がいいとは言えなくて、東京駅でかっちょいい新幹線を撮ってついーとしようと思って携帯探したらない!!!
わ、 忘れたんか、自分・・・_| ̄|○
ここでテンソンが一気に下がるも気持ちを切り替える。相方に「FLEEZの写真撮ったらちょうだいねっ」となみだ目でお願いをして、ついったーも出来ないので新幹線の中では寝ることに。けど高崎に近づくと勝手に目覚めて、オレンジ色の夕陽がお出迎えしてくれた。 去年もそうだったなとか思いながら、オレンジ色に染まった高崎の空を見てたら、一気にテンソンMAX。OJの家はどの辺だろうときょろきょろしてみたりで ちょうど一年前の今日からまったく成長してない(苦笑)

高崎駅に降り立つと、寒さがハンパなくってブルブル震えたよ(笑)
東京からそんなに離れてる気はしないのに不思議だ。でもこの日東京は雨だったのにお天気だったので嬉しかったです。
強風のなか、足早にclub FLEEZに向かう途中タワレコ見ては「OJここで買ってたのかなー?」とか、ロックイン見ては「OJが最初に買ったギターはここかなー?」とか勝手なことをゆってるのが楽しいのだ。やっぱり地元はそれだけでスペシャル。ひっひ

100407_211602 一年ぶりの高崎club FLEEZ。
番号を呼ばれて、ロッカーに荷物を投げ入れて急いでフロアーへ。
なんせこのハコはステージが低い (と思われる)ので、場所によっては全然見えなくなっちゃいそうでもう不安でいっぱいになり、とりあえず相方を残していつものホリエ側前方へ。うーん、ステージの上は何も見えない(´Д`;)
唯一ホリエくんのマイクの先だけは見えるけど、うーん、うーん、うーん。
悩むこと約2分。思い切って列から抜け出して、後ろのPA前のちびっこゾーンへ移動。ほんの少しだけ段になってて、少しは見えるんじゃないかと思ったのです。でも、背の高い男子が多くて普通に視界がよくなくて不安で胸がいっぱいになりながら暗転するのをそわそわしながら待ちました。定刻から5分くらい押して、客電が落ちていつものSEが流れるといつものようにギュッと前にさらに詰まる。ここに参加出来てない自分が若干寂しくもあり、大歓声と共にみんなの無数の腕が上がると何も見えなくなった。あ、ホリエくんとひなっちが一瞬見えた!!! 何着てるかとか、そんなの確認出来ねえよー(泣)
もう確実にシンペイちゃんは見えぬ。 どこにいるんだ?
OJも見えぬ。泣きそうだったが、それでも「MEMORIES」が始まると気持ちは高ぶるんだけど、やっぱりこの人達を見に来たのでまったく見えないと寂しくってどうしようかと後ろに来たことを後悔しはじめたりなんかする。けど、えーい、見えなくったって楽しむぞーと切り替えるのにごめんなさい、正直少し時間かかりました。おかげで大事な1曲目の記憶がない・・・くやちい
けど、気持ち切り替えさせてくれたのは他ならぬテナーでした。己の力だけでは無理だったけど、AXを先日観たばっかりだったからやっぱり「SPEEDGUN」を想定してたらまさかの「Black Hole」!!!
わわわ、いきなり変えてきたことにびっくりしてたのに(このツアー化けると睨んでいたのにもかかわらず)気持ちが着いていかない。未熟すぎる。見えないことに対しての諦めはどうしても捨てられない。
身体は久しぶりに聴かせてくれる曲に踊らされるのに、心が踊れない。どう しようーって半泣きになった瞬間AX同様に3曲目で「KILLER TUNE」キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!って理性が壊れた瞬間ちびっこゾーンの前方の女子たちがたまらずフロアへわらわらと降りて行った瞬間にわわわと押されて視界が開けて、やっとここでメンバー全員確認!!! ここでやっと不安な気持ちから解消されてたちまち元気いっぱいに!!!
やっと見えたOJが前に出てきててオーディ エンツにギター触らせてる!!! ウォー
絵になるギター・ヒーロー大山純!!!
フロアで踊り狂うオーディエンツがぶつかりあってすでに FLEEZが灼熱地獄になっとる!!!
ホリエくんがここで第一声だったと思う。
「ありがとう!」と。
なんかステージ上ではニコニコと楽しげに話してたっぽいがマイク通してないのでさっぱり聞こえず。心の中で「マイクー」って叫ぶも届かず(苦笑)
楽しすぎて記憶障害が始まっているので順序だてては書けないけど
「A SONG RUNS THROUGH WORLD」キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!
テンソンますますアガってどこまで上がるんだってくらいに飛び上がって楽しくってしょうがない!!!!
息をつく暇がない序盤のブロックは 「Discography」で終わって、まわりで明らかにぜえぜえと息が上がってるのがわかる(笑)
シンペイちゃんが唐突に「わかった!酸素薄いのか!」と言って笑うメンバーと客たち。それに続いて、ホリエが「ありがとうございます!」と笑顔を見せて、ここだったか定かじゃないけど、ホリエくんがぼそぼそと話し始めたような(笑)
「あの・・・
CREATURES PARADE TOURが・・・」 ん?
「始まったんです!」 と。アハハハ!!! 続けて
「あの・・・これから、我々は11日くらい?(とひなっちをちらちと見る)旅に出るんですが・・・。高崎から旅が始まります!」と。フロアから歓声が上がって笑顔でホリエが
「去年もこっからだったからなんかいいよね!」と。高崎って言ってるからOJに何か振るかな?とか思ってたけど特になかった(笑) そりゃ去年とは違うもんね、逆に何も振らないのがもう4人のストレイテナーが当たり前になった証拠だと、そんな風に思っていたんだ。ホリエくんだか、シンペイちゃんだかがどっかで「高崎ー!!!」って叫んでたとこもなんか嬉しかった、群馬県人じゃないのに、ウォー!!! ってなるのはなぜなんだろう(笑)
で、 さらにホリエくんが「CREATURESの中の曲を・・・深いところまで・・・」みたいなことを言って、フロアがなんかクスクスしてると
「追求して、行きましょう!!!」と(爆)
なんだかよくわかんないけどわかるような気もしたりで笑ってました。とにかく楽しそうなみんなの表情を見てると こっちも幸せな気持ちになるよ。

「Man-like Creatures」から始まって「CLONE」から「Toneless Twilight」のブロックがやっぱりとんでもなくいい。ホリエくんの歌がまっすぐに胸に刺さる。演奏中はやっぱりシンペイちゃんはまったく、OJもほとんど見えないのでたまらずスクリーンを何度も何度も見てたっけな。

「Ark」はライブで聴いてから以前よりもっと好きになった気がするんだけど、OJが腕を上げて回してうちらを煽るのが好きだ。
「泳ぐ鳥」 キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!
「SING」キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!

うちらをどうしたいんすか?っ てくらいに飛ばすテナーの選曲に発狂する高崎オーディエンツ!!! もう楽しすぎて記憶どころか我を忘れて踊り狂うしかない!!! それをニコニコしながら目を細めて見てるひなっちの顔が優しすぎたよ。演奏が終わると「SINGとかやっちゃってー」と言って笑う、ひなっち。シンペイちゃんが
「何年ぶりだよ?」と返す。ステージからも幸せオーラを感じたよ。
「この辺りからは、ゆったりとした曲をやるんで・・・」と鍵盤に向かうホリエ。シンペイちゃんが
「こういうとこで一番倒れちゃったりするんだよね」みたいなことを言ってて、そうかも知んないって思ってると、 ホリエが
「スペースがないかも知れませんが、ゆとりを持って・・・」みたいなことを言ってギュウギュウにつまった客を気遣ってくれているようなシンペイちゃんとホリエくん。ほんわかする(*´∀`) そして、倒れてなるもんかと誓う(笑)

「SIX DAY WONDER」のサビでホリエくんがアレンジして歌うとこが好きすぎてどうしようかと思っている。で、AXでやらなかった「Starless Coaster」へと続いてduoを思い出して嬉しくなっちゃって身体を揺らしてた。シンペイちゃんのハイハットをチッチーってやるとこがやたら好きでどうしようかと思ってるよ。ひなっちがアコベースだった気がするけど自信なし(泣)

ここだったか覚えてないけど、ホリエくんがまた唐突に
「かつて・・・」と話し始めると、クスクス笑う客たち。だって唐突なんだもん!
「かつてFLEEZが前橋にあった時にまだ2人だったころにやったんですけど、客が10人くらいしかいなくて・・・」と思い出話(笑)
すると、めずらしくOJが
「徐 々 に 、 増えての10人でしょ?」って笑う。すると、八重歯王子が爆笑して「そうそう!最初2人だった!2人から徐々に増えての10人!」とか言ってた気がする(笑)
ゆるゆるMCタイムは失笑してたり、シカトしてたり、そっと微笑んでたり、機材チェックに余念がなかったりのクールな大山純が乗っかってきたことの方が驚いてびっくりしてました(笑)
するとシンペイちゃんは笑いながら
「俺、そんな記憶ないなー?それきっと俺の前の人のときだよ、きっと!」と、とぼけたフリ(笑) 誰だよ、前の人って!!! ってつっこむ間もなく、ホリエが
「端から順番に忘れていくんでしょ?」
客、大爆笑!!! あたしもすっかり「端から忘れていく」ってのが気に入って、ライブの帰りも次の日会社でも多用してもうた。ププッ
思い出話に花が咲いて
「その時に渋谷で待ち合わせしようとしてて、車で路駐してたら、レッカーされそうになって・・・」とホリエくん。そしたら、シンペイちゃんが
「あ、思い出した!思い出したくない思い出だ」なんてことを言ってたかな。
で、ホリエくんが「ここからは、自由に好きに楽しんでください」と次のブロックの始まりを告げたような。そしたら、シンペイちゃんが突然
「痴漢、ダメ、絶対っ!!!」と。話には聞くがテナーのライブでそんな輩はいないだろう と思ってると、entくんが笑って
「破廉恥なことはね!」と。シンペイちゃんが
「俺だけだよ?許されるの(笑) 破廉恥なことしていいの!」なんて言ってて、かわゆかったなぁ(*´∀`)

AXの時は忘れちゃったけど、ホリエの黒NEWストラトはこのブロックだったのかな。手渡してもらってるとこは見えたけど、この日はホントギターなんか見えなかったよ。でも楽しくてしょうがなかった。テナーでここまで見えなかったのは初めてかも知れないんだけど、それでもすぐそこにテナーから放たれる熱と音楽に触れられて幸せいっぱいだった。時折見えるメンバーの顔がみんな楽しそうだったからかもなあ。旅の始まりを、テナーの聖地だと言っていたこの高崎で迎えることが出来て最高のライブが出来ているわけで、ステージからの幸せオーラはハンパなかった。今年も観に来られて本当によかったです(泣)

「OWL」を聴くとやっぱりCREATURES PARADE TOURが始まった気がするんだよ。ここまで何だったんだってなっちゃうけど、まだまだこっからだってさらにテンソン上がっちゃうんだ。
「クラムボン・インザエアー」の後だったか、ホリエが
「酸素薄いねー!」って言ったとき、ちょうど天井から高崎汁がほっぺに当たった。自分の前髪からこぼれたのかと思ったけど、いやいやFLEEZ名物高崎汁やった。ひなっちが
「霧で見えないもん!」っていたずらっ子みたいな顔をしてホリエが見えないってジェスチャーをしてた(笑) 霧は言いすぎだぜ!けど、あっくんも
「ライトつけないと見えないよね!」と笑ってた。この日は酸素薄いとは言 えど「アツい」とは言わなかったな。ま、挨拶も「よく来たね」もなかったけど(笑)
ホリエの「こっからまたアゲてくぜ」的なMCがあって・・・
ま、 ま、ま、まさかの
「MOTIONS」キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!
キャーーーー!!!って取り乱して思わず発狂死するかと思うたよ。
もう、もう、もう、嬉しすぎるぜっ!!!
けど、実はあたし「BERSERKER TUNE」かと思ったΣ(゚∇゚;)!! てへへ
「MOTIONS」 だなんて、もう、もう、もうっ
興奮覚めやらぬまんま「Little Miss Weekend」から「TRAIN」の死亡コース突入。もう、まさに声がちぎれるまで、脚が折れるまで踊りつづけるだけ状態のあたしはずっと笑いながら ぴょんぴょん飛んでたよ。ダイバーもおったね。

そしてホリエくんから一番聞きたくない言葉第1位の「ラスト1曲です!」って言葉を聞かされて必ず毎回がっかりするんだけど、大好きな「瞬きをしない猫」やられたらまた笑顔になっちゃうよー
楽しい時間はあっという間で曲が終わってシンペイちゃんが前にやってきて、ようやく心の中で「シンペイちゃん!!!」と叫ぶ。みんなに支えらて客の上に立ってたシンペイが神々しかったけど、でもすごい優しい笑顔でオーディエンスを見回してた。スティックは 手渡ししてたかなあ。これはいつも正直うらやましいよ(*´∀`)
この日も4人で肩組んだと思う。けど、みんなが腕を上げるとホントに何も見えなくなるんだ。記憶も戸っ散らかってるし、アテにならんね、トホホ。
アンコール、OJはやっぱり自分デザインSUNNY Tシャツにお着替えしてた。髪はほどいたまんまだったと思う。「Sunny Suicide」と「Melodic Storm」で大盛り上がりして終了。
みんながどうやって帰ったかもやっぱり見えなかったけど、この日はホリエの笑顔がとびきりまぶしかったよ(*´∀`)
OJもいつも以上にテンション高かった気がしたし。でもあんまり見えなかったんだよ、地元高崎やのに(泣)ううっ
シンペイちゃんはもっかいうちらのところに来てくれたよ。ここでだったか本編ラストだったかは忘れちゃったけど、シンペイちゃんが来てくれた時に軽く数人後ろに倒れちゃったんだよね。そしたら、シンペイちゃんが両手を胸の前で合わせて「ごめんね、ごめんね」ってやってたっけな。

どこで書こうかと思ってたんだけど、ここで書いとこうと思う。
昨日の金沢 EIGHT HALLでのライブ当日にシンペイちゃんがついったで、ミクシーで、オヒサルで、ライブ会場でダイブ禁止を告げました。突然だったと思うし、私は去年の夏フェスで物議を醸し出した問題提起にもいろいろ考えたんです。結果、やっぱり自己責任ってのもあると思う一方で、実際にライブで(ダイブによりではないけ ども)膝の靭帯を切って病院に運ばれてライブは見えなかったし、本当に怖い思いをしたことでこういうのをトラウマというのか数年間ライブハウスには怖くて 行けなくなった。そんな経験が自分にもあるだけに自己責任で済ませられないもらい事故の場合はどうなんだ?って思いもあった。
けど、結局一生懸命考えた結果答えを出せずにいたんだ。みんなが楽しくハッピーでライブを楽しむための方法がわからずにいた。
でも、シンペイちゃんの度重なるあちこちでの誠意のこもった言葉たちを読んで涙がこぼれてしまった。何度もこの人にこんなことを言わせたくなかった。ダイブなんかしたこともないけど心底申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった。シンペイちゃんだって昔ステージ側にいなかった頃ダイブもしてたと言ってたし、実際ステージからも自ら飛んできてた。それを今日のライブは楽しかったんだねってバロメーターみたいに思ってたりもしたし、シンペイちゃんが飛んでくるのが大好きだった。最近はなかなか見えなくなってむしろ寂しいとすら思っていた。塁さんの写真展でもみんなの上で楽しそうに腕を上げてる1枚に感動すらした。けど、そのダイブの楽しさをよく知っている人が、みんなが楽しくいるためだけに自分も飛ぶのをやめると言っているわけで、なんとも言えない気持ちでいっぱいになった。
オヒサルの最後には「そんなことはどうでも良いよと言わせるくらいに、楽しいステージを繰り広げられるようにこれからも精進します」と締めていた。こんなシンペイちゃんがたまらなく大好きだし、尊敬しています。
シンペイちゃんの、ストレイテナーの想いをまっすぐ受け取ってもらいたいと祈ってます。
自分の欲求のせいで万一他人を傷付けてしまったら、傷付けられた人はもちろんだけど、傷付けてしまった当人にも必ず深い傷は残ります、絶対に。
せっかく同じ音楽を愛しているファン同士なんだから、テナーの音楽で繋がれたんだから、テナーからの注意事項はしかと心に刻んで欲しいです。
それに、テナーのライブはダイブなんかしなくたって楽しいの知ってるでしょ?

そうそう、ライブのあとポッケの中に手を入れてロッカーの鍵を探したけどなくなってて、スタッフさんにもご迷惑をかけてしまったけど、もう端から忘れてやる!!!
何度もフロアに戻ってウロウロ探してるとこ茅野さんにも見られたかもだけど、だってしょうがないよ、ホリエが笑顔であんなに煽るんだものっ!!!
けど、最後には無事に鍵も出て来て無事新幹線にも間に合ったので、今度からはもっと気をつけるよ。反省してます。それにぴょんぴょん飛んでるだけでも鍵が飛び出ちゃうんだってことも気付けました。もっとちゃんと注意します。鍵を拾ってフロントに届けてくださった方ホントにどうもありがとうございました。

次は長野。
久しぶりの友達とも逢えるのでみんなと楽しみたいです(^∀^)

4.7 @ 高崎 club FLEEZ set list

01. MEMORIES
02. Black Hole
03. KILLER TUNE
04. クラッシュ
05. A SONG RUNS THROUGH WORLD
06. Discography
07. Man-like Creatures
08. CLONE
09. Toneless Twilight
10. Ark
11. 泳ぐ鳥
12. SING
13. Lightning
14. SIX DAY WONDER
15. Starless Coaster
16. OWL
17. DONKIE BOGIE DODO
18. クラムボン・インザエアー
19. MOTIONS
20. Little Miss Weekend
21. TRAIN
22. 瞬きをしない猫

en.
01. Sunny Suicide
02. Melodic Storm

|

« 「怪物たちの行進の旅」がいよいよ始まりました!!!! | トップページ | CREATURESがでました。NEXUS,LINEARもでてます。 »

ストレイテナー」カテゴリの記事